当ブログについて

50代からの転職はかなり厳しいということがマスコミを代表するテレビや新聞の情報では報じられています。

50代の転職の成功例として情報はみなさんの身近にありますか?
新規採用で正社員として企業で働く50代というのは、私の身の回りにはあまり聞こえてきません。

ただ、40代後半から地域のボランティアで活躍している男性の中には、50代に入ってからの求職もいいかんじで決まっていることが多いようです。
なんともうらやましいものです。

定年を過ぎたところでは、もう、生活に占める仕事のバランスも確立していて、手帳に1週間の仕事の予定がびっしり。
という方も少なくありません。

自分のこれまでのサラリーマンとしてのキャリア、有している資格などを活用して、仕事を作り出しているのです。

転職をするにあたり、こちらの企業からあちらの企業へと移るというのではなく、いろいろな人脈から会社を興したり、起業した仲間の会社へ就職したり。
という方法を採っている方が意外に多かったから、ちゃんと先のことを考えているなあと、関心します。

さすが、人生の先輩。
50代以上の転職は、情報収集が大事です。
そのために日頃からアンテナを張っておく。

仕事のタネを人脈とともに育てておくのが成功の鍵と感じました。
通常の転職活動では、いままでの収入が激減するケースが大半ですし、労働条件もきつくなっていく傾向になっています。

50代以上ともなれば、健康面でもきちんと勤まるか心配もする必要がでてきますので、ここで、生活のため、といって無理は禁物です。

年齢を重ねただけはある、「年の功」をアピールして採用される転職活動が50代以上の転職にはよいようです。

投稿日:2014年4月30日 更新日:

執筆者: