転職成功

ハローワーク求人票の書き方 50歳で転職・再就職を成功させるポイント

投稿日:2014年4月1日 更新日:

50代という中高年層の再就職においてそれを実現するための王道といわれるポイントはあるのです。
そのポイントこそ、「業種や職種を絞らない」ということです。

なぜならば、ハローワークや求人系サイトに募集のある求人が、ほとんど35歳以下になっているためです。
50代の人が再就職するための確率をあげるためには業種や職種を絞らないことが王道なのです。

しかし、これはあくまでも一般的なことであって、世の中にはむしろ50代という中高年層を重宝する企業もあるということを認識してください。
50代という年齢層は20代、30代に比べるとキャリアが豊富な年齢層であり、即戦力として期待されるからです。

現在のように、終身雇用制度や年功序列型の給与体系が崩壊した社会では、その反面、50代以上の中高年が再就職しやすくなった要因となっているのです。
実は、あえて50代以上のの中高年をターゲットに求人募集している業界というのもあって、引く手あまたの状態という業界もあるのです。

20代や30代の転職や再就職と違って、50代中心の転職・再就職はおもむきが変わってきています。
私が50代になったとき、周りからこのようなプラスイメージで見られるようになるには、少しほど遠い気がします。
即戦力という強みで、中高年が頑張っているということなのでしょうね。
派遣社員で働くには、派遣会社に登録が必要になります。

その際、自分の今までの職歴、資格、どういう分野が得意であるか、パソコンをどのくらい扱えるか、パソコンの入力速度、ワードやエクセルなどのアプリケーションスキルなどを、登録します。
職種にもよりますが、やはり専門職は、雇用されやすいので、そういうキャリアを活かせる人は、人材派遣でも仕事の紹介があります。
50代という年齢のイメージ市場でも50歳以上をターゲットにした商品がクローズアップされていると、感じている人も多いと思います。
一番元気で、金銭的にも余裕の生まれる年代だからでしょうか。

ハローワーク求人票の書き方と面接の仕方

私が思う50代のイメージは、さきほどもあったように、仕事においては、即戦力になる、知識が豊富、観察力が鋭い、行動力がある、仕事熱心でまじめ、企業の支え、そして、時間的にも金銭的にも、子供の成長に伴い余裕がある、人生経験から貫禄あり、人に対して寛容である…プラスのイメージは、たくさんあります。

どの年齢においても、同じことは言えると思うのですが、自分を磨こうとすることに努力をできる人は、いざという時にもあせらず対処できる器ができているのではないでしょうか。
仕事もやはり、与えられたことだけでなく、いかに効率よくできるか、どうやったら業績を伸ばせれるか、ということをきちんと目標立てて、行動できるってことが重要なのではないでしょうか。
その姿勢が転職先や再就職先の心象をよくしてくれます。

ここがダメでも次があると顔に出して面接などすると、相手にはわかってしまうものなのです。

気に入った転職や再就職先があるのでしたなら、120%のアピールをして転職先や再就職先の面接官にはアピールしていきましょう。
それが、50代中心の中高年の転職と再就職を成功させる方法なのです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-転職成功
-,

執筆者:

関連記事

50代の主婦でも再就職は可能か?

50代でも再就職、転職をしたい人、仕事をやりたい人は多いですね。 夫だけのお給料に頼っていては不安、夫のお給料だけでは足りない、理由はそれぞれですが、働かざるを得ない理由のある人も多いのです。 50代 …

50代の転職・再就職の求人数はどうか

50代の転職・再就職の求人数は20~30代に比べて少ない 50代での中高年固有の問題があるので、20代30代のステップでの転職や再就職をまねすることは出来ないのです。 ここをわかっておれば転職と再就職 …