適職診断

ハローワークでも適性診断が採用

投稿日:2014年4月3日 更新日:

適職診断を50代の転職、就職の採用時のテストの一環として行っている企業は多いです。

50代の転職成功の秘訣は、やはりあり、有利な情報収集などはその一つです。本題の50代の転職に行きます。適職診断とは、あなたの興味・関心がある事柄から向いている、学問や仕事などを診断するテストで多くの50代の転職サイトが無料で行っております。
適職診断は、いくつかの画面上の質問に対して素直に選択方式で回答していき、その内容からその人に適した職業や職種をアドバイスするテストです。

適職診断を無料で行うことの出来るサイトには内閣府の委託で学生援護会の「適性・適職診断」やリクナビ(リクルート)、毎日就職ナビなどで提供している適職診断があり、サイトによってそれぞれ特徴があります。
最近ではハローワークでも適性診断が採用されております。

適職診断は、テストを受ける人の性格や才能に関係した構成となっており統計を基礎とする診断ですから、適職診断で分かるのは、あなたと同じ選択をする性格や才能を持つ人の多い職業ということです。
こうした適職診断を受けるさいの注意点としては、あまり考えずに素直に質問にどんどん答えてありのままの自分を出していくことです。

意図的に本来の自分と違った内容の答えをしてしまうと矛盾した結果が出てしまうことになりますので、注意することです。
質問事項数により判断項目は限られますから、当然のことですがあなたの全てを理解して回答されるものではありません。

したがって、適職診断の結果はあくまで「参考」として捉えるのがちょうど良いのではないでしょうか。
最終的には、好きな職種かどうかなどと適職診断の結果を参考に自分で決めることなのです。
ただ、適職診断を利用することによって、今のあなたの状態を把握することができて自分でも気づかなかった一面が発見できるかもしれません。

いくつかのサイトの適職診断を受けてそれらの結果を総合的に判断すると言うのも良いでしょう。
適職診断を50代の転職、就職の採用時のテストの一環として行っている企業は多いです。
企業の人事採用担当者は、自分の採用眼には自信と誇りを持っているものです。
しかし短い面接時間の中で多くの応募者を観察し、戦力となるかどうかを判断していかなくてはならないのです。

同じようなレベルの応募者を面接していくのに参考になるのが、面接だけでは判断しきれない個人の性格や価値観の特性、基本的な能力の度合いを見る適職診断の結果であるわけです。
ですから採用時の参考資料としては重要な意味を持っているのです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-適職診断
-

執筆者:

関連記事

50代のハローワークの求人で転職活動では時間を有効に

20代や30で転職するのと50代で転職するのは大きく意味が異なります。 50代の転職を考えるとき、やりたい事とできる事が合っているか考えなければなりません。 50代の転職活動ではハローワークの求人の時 …

ハローワークの求人での転職・再就職 適職診断について

ハローワークの求人で適職診断の受け方として、特に気をつけるところはありません。 適職診断は受けたときの職務適性や能力の状態を診断します。 ハローワークの求人での転職を在職中の限られた時間で効率よく転職 …

リクナビ2015 企業ページからの転職・再就職 適職診断 無料

転職成功の秘訣は、やはりあり、リクナビ2015 企業ページなどの有利な情報収集などはその一つです。 ここから先が転職の本題です。 リクナビ2015 企業ページのような適職診断を無料で行なってくれるイン …